FC2ブログ

everyday life of CRIMSON.

クリムゾンの日常、部員のひとりごとを 写真と共にお伝えします!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「引退を迎えて」 旧4年QB 丹羽貴大

18mini.jpg


2011年Crimsonでオフェンスリーダーを務めていたQB#18丹羽貴大です。

引退して早くも二カ月以上が経ちました。 アメフト漬けだった日々から離れ振り返ると思うことがあります。

1試合でも多く勝ちたかった。

1Playでも多くいいPlayをしたかった。

もっと活躍したかった。

怪我なんてしたくなかった。

しかし やりなおすことはできません。 真剣勝負をしたあとの勝利の喜びも、敗北の悔しさも、もう味わえないと思うと、少し寂しいです。

これからは 後輩たちがCRIMSONの新たな歴史を作ってくれると思うので応援していきたいと思います。がんばってください!!!

スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 16:48:50|
  2. 引退を迎えて'11
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「引退を迎えて」 旧4年AS 猪又めぐみ

megumini.jpg

こんにちは、元Offense ASの猪又めぐみです。
2011 CRIMSONを応援していただき、ありがとうございました。

私は、CRIMSONのOffenseのASである自分が、本当に大好きでした。
本当に、本当に楽しかった。
次の日の練習Menuがなかなか作り終わらなくても、深夜までMTGを繰り返していても、本当に楽しかったんです。

人生で幸せな瞬間は、OffenseのみんながTDを決めた瞬間でした。
人生で一番幸せな瞬間は、試合に勝った瞬間でした。

この場を借りて、2011 CRIMSON Offenseを支えてくださった全ての方々、本当にありがとうございました。


CRIMSONは、ストイックですが、どこか甘えもあるチームです。
ここ数年、結果は出せていないけれど、「勝ちたい」という想いを、心の底に強く持っているはずのチームです。
今の今だって(深夜12時ですが)、「勝ちたい」という想いのもと、MTGや、スカウティング等をしているはずです。
どうか、そんなCRIMSONを、これからも末永く応援してください。
みなさんの暖かい声援に、何度も支えられました。
私自身も、これからずっとCRIMSONを応援し、支えていきたいと思います。


最後になりましたが、Offense幹部のみんな、ASの後輩たち、同期のみんな、そして、何度もぶつかり合ったもなお、本当にありがとう。
みんなと一緒に「渾心~下剋上」を目指したこの1年間は、私の一生の誇りです。

  1. 2012/01/24(火) 22:14:05|
  2. 引退を迎えて'11
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「引退を迎えて」 旧4年RB 出原大揮

21mini_20120118224407.jpg


こんにちは。2011年度副将を務めさせて頂きました出原大揮です。



シーズンを引退してから早いもので2ヶ月が経ちました。

現役の頃であれば、2ヶ月という期間で、何回練習があって、何playユニットがあって、と計算しながら過ごしていた日々がとても懐かしく感じます。

引退して2ヶ月が経った今でも、ふとした瞬間に部活のことを考えている自分がいます。



春、僕たちは「渾心~下剋上~」という目標を掲げました。
全員の勝ちたいという想いを最大限まで高め、その想いを1playに込める。全員で勝つ。
そのために先頭に立ち続ける存在であろう。4年全員でそう誓いました。

しかし、初戦に負け、東大、法政と負け続け、結果は2勝5敗。

勝ちたいという想いを最大限まで高めることはできませんでした。先頭に立つべき自分達の責任です。



あれだけ「1playにこだわろう」と言い続けてきた1playにこだわりきれない自分たちの取り組みの甘さ、
幹部として、4年として、チームを引き上げることのできない不甲斐なさ、
いつまで経っても改善されない日々の練習、
シーズンを通して後悔ばかりが残っています。監督をはじめコーチや5年生には迷惑をかけてばかりいました。


本当の意味でチームが本気になり一つになれたのは、入れ替えが見えてからでした。
本当に情けないです。


できるなら合宿から、チーム始動の時からやり直したい。今でもそんなことを考えてしまいます。


後輩たちにはこんな想いはしてほしくありません。


勝つ喜びを、そして僕らができなかった最高の瞬間を味わってほしいと思っています。


そのために、耳が痛くなるほど聞いていることだと思いますが、”今”を大事にしてください。
この環境でアメフトができることはとても幸せなことだと思います。そして今しかできないことです。


なんとなく過ごす毎日をやめ、自分に今できることを最大限やってみてください。

一人一人の意識が必ずチームの雰囲気を変えます。



くじけそうになった時は自分が入部した理由を思い出してみてください。
本当に成し遂げたいことがCRIMSONの中には必ずあると思います。


偉そうに言って自分ができていなかったことばかりですが、僕は気づくのが遅かったです。


次の4年生は必ずやってくれる、そう信じています。

僕自身もコーチとしてできる限りのサポートをしていきたいと思っています。



振り返れば後悔ばかりが残るシーズンでしたが、辛いこと以上に楽しいこともたくさんありました。
最高の仲間と最高の時間を過ごすことができ、これも学生である今しかできないことだと思います。
みんな本当にありがとう。



最後に、
こんな至らない自分達に指導してくださった猪股監督をはじめとする社会人コーチの方々、
何度も小平に足を運んでいただいた5年生コーチ、
いつも温かい声援をしてくださったOB・父母の皆様、
そして何も言わず、僕のわがままを聞き、4年間支えてくれた両親に心から感謝したいと思います。



4年間本当にありがとうございました。



これからのCRIMSONも変わらぬ応援、ご支援よろしくお願いいたします。



#21出原 大揮

  1. 2012/01/18(水) 22:47:57|
  2. 引退を迎えて'11
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「引退を迎えて」 旧4年DB 水野言紀

30mini.jpg

こんにちは。2011年度副将を務めさせて頂きましたDB#30水野言紀です。
今年度、チームは『渾心 ~下剋上~』という目標を掲げ、活動してきました。しかし、結果は上位校に敗北を重ね、2勝5敗に終わりました。
原因は、『勝ちたい』と思う気持ちの希薄さだったと思います。

初戦の慶應に敗れ、本当に悔しい思いをしました。

試合の前にもっと色々やれることがあった。
もっとできた。
勝ちたかった。

負けて初めて『勝ちたい』という思いが強くなったのだと思います。更に、時間が経つに従ってその思いもさえも薄れ、敗北を重ねては悔し涙を浮かべることの繰り返しになってしまいました。勝てるはずの試合も落としました。
そして入替戦が見え、後がない状況になって初めて『勝ちたい』という思いでチームが一丸となり、結果が出たのだと思います。
本当に勿体無いシーズンだったと思います。後悔ばかりが残ります。

しかし、得たものも大きいと思います。来年度のチームは、勝利のためにチーム一丸になることの重要性を知っています。
来年のチームは今年よりも強くなります。きっといい結果も残してくれると思います。
そして個人的には、11月13日の神奈川大学に勝利し、未だかつて感じたことのない歓喜の瞬間を味わうことができました。

もちろん、入替戦回避を目標に1年間活動してきたわけではありません。中央大学戦に負けて以降の約5週間で目指していた結果です。
たったの5週間、本気で追い求めていたものが達成できただけで、あれほどの喜びを感じました。
1年間追い求めていた下剋上が達成できていたなら、どれほど最高な思いができたことか・・・。
神奈川大学戦勝利直後の応援部のエールを見て、嬉し涙を浮かべながらもそんなことを考えていました。

今年度は本当に厚いご支援、ご声援をありがとうございました。おかげさまで無事、シーズンを終えることができました。
来シーズンも、変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願いします。

最後に、現役の皆へ
最も伝えたいことは、現役の皆は俺達や先輩方が味わったことのない『最高の瞬間』を味わう可能性があるということ。
神大戦に勝った瞬間、俺は『最高だ』と感じた。こんな思いは人生でもう味わえないと思ったよ。
でも皆の『最高』はそれ以上の可能性がある。もちろん、部に所属して坦々と日々過ごしていただけでは味わうことはできない。本気で目指して行動したとしても、味わえないかもしれない。
でも可能性があるなら、その可能性を目指して本気で部活に取り組むべきだと思う。その価値は絶対にあるはず。
CRIMSONの知らない『最高』の瞬間を味わってくれ!!



  1. 2011/12/31(土) 19:43:33|
  2. 引退を迎えて'11
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「引退を迎えて」 旧4年DB 岩野頌太郎


25mini.jpg


シーズン最終戦が終わってから早いもので、もう1ヵ月以上経ちました。
終わった当初は安堵感で一杯でしたが、今振り返って感じるのは大きな後悔です。
まだまだやれたことはたくさんあったように感じます。

昨年一年間チームを支えてくれた監督、コーチ、OB、5年生の方々、そして勉強もろくにしない自分をずっと応援し続けてくれた家族には本当に感謝しています。後輩も支えてくれる方への感謝の念を忘れずにフットボールに取り組み、私たちの果たせなかった、上位校に勝って最高の思いをする、という目標を達成してほしいです。

  1. 2011/12/30(金) 23:28:03|
  2. 引退を迎えて'11
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

CRIMSON

Author:CRIMSON
一橋大学体育会アメリカンフットボール部
2018年度部員46名
(内学生スタッフ16名)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。